| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Dance with Devils
評価:
---
Rejet
¥ 4,750
(2016-03-24)
Amazonランキング: 1798位

 

ダンデビは隙のないとてもいいゲーム。文句の付け所がない。もっと評価されて欲しい。どことなく器用貧乏感があるゲーム。アニメ直後に発売していたらもっと販売数も伸びていた気がします。特に皆で歌ってるED曲が最高。

ルート1 レム
ルート2リンド
壁ドンでときめきました。レムの株がぐんぐんあがる。ダンデビはRejetの中でも万人向けかと思ってたけどRejetはRejetでした。褒めてます。特にヒトエンド2が堪りません。ルートによっては某ドS吸血ゲームを彷彿とさせます。これぞRejet。
ルート2 メィジ
とても乙女ゲーをしている気分になりました。ヒトエンド2もアクマエンド2はとても好みのエンディングでした。なによりアクマエンド1が最高。
ルート3 ローエン
神出鬼没でツンツンしてて守ってくれてストーリーも面白い。「は?」が堪りません。もっと言ってください。リツカへの態度とシキにいじめられてた犬ローエンとの差にきゅんとしました。これがギャップ萌?ウリエやメィジとは普通に渡り合えるのにシキは苦手なローエンかわいすぎました。犬になれる設定がおいしすぎます。ただ死んで終わりのバッドエンドの乙女ゲーも多い中、ダンデビはリツカが死んだ後に切ない気持ちを抱えながら生きていく姿とか、狂って過ごしてる姿とか描かれてるのがとてもすきです。珍しくヒトエンドの方が好みでした。
ルート4 ウリエ
夢の中まで入ってくるリンドが流石で大爆笑。ウリエルートはそういえばアクマだったなあと思い出させてくれるシナリオでした。
意外と?ウリエがSっ気出してきてきゅんとしました。リンドが必死に探してくれてたの泣けます。リンドはぶれない。ウリエルートなはずですが、運命はリツカとレムをくっつけようとしているのが分かります。リツカとレムは前世で恋人だったのか、深い縁を感じます。ウリエルートだけCERODですね。幼いお嬢さんはみちゃいけません。リツカが死んだという現実を受け入れることができたリンドは迷うことなく「大丈夫だ兄さんがすぐいくから淋しくないぞ」とかいって後追いする気がします。ウリエに眷属にされたと知ったリンド兄さんの狂いっぷりがぜひみたいです。 Rejetさんよろしくお願い致します。
ルート5 シキ
なし崩しに同棲し始めるのも、辺り構わず側に居たがるのもストライクな設定です。シキ楽しい。ダンデビ、息の長い作品であって欲しいです。ヒトルートは反省したシキでアクマルートは反省しないシキさんが楽しめます。アクマルートのシキは某ドS吸血兄弟たちを彷彿とさせます。もし神と同じくらい暴力表現あるんですけどこれCERODじゃなくていいんでしょうか。ダンデビ界のマサトはシキに捧げます。このルートはグリモワールの事を忘れてしまいます。ダンデビはRejetの中でも万人向けかと思いきやそんなことはありませんでした。Rejetはぶれません。

乙女ゲーム comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>